동영상

CES2023 に出展された 有機ELテレビ

・CES2023
・LG電子 AOLED

第29回ディスプレイ国際ワークショップ (IDW 2022) の概要

・キーノートスピーチ
・Stretchable Display

[CES 2023] TCL CSOT 65インチ8K IJP-OLEDディスプレー

#Inkjetprinting #TCLCSOT #CES2023

[CES 2023] OLED T : LG 透過OLED(透明有機EL)

#透過OLED #LGエレクトロニクス #CES2023 

[CES 2023] LGエレクトロニクス OLED

#LGelectronics #LGエレクトロニクス #OLED 

포커스온

2023年型Gramに初めてOLEDを搭載、サムスンディスプレイのrigid OLEDを適用

LG電子が発売する2023年型Gram新製品Gram StyleとGram Ultraslimにサムスンディスプレイrigid OLEDパネルが搭載される。 三星ディスプレーは、A2ラインでスマートフォンとIT製品用のrigid OLEDを生産している。 サムスンディスプレイがLG電子にOLEDパネルを供給するのは今回が初めてだ。

LG OLED evo、日本現地メディアから激賞を貰う、OLEDテレビの競争力を立証

LG電子のOLED evoが圧倒的な画質競争力と差別化された顧客視聴経験が認められ、日本最高テレビに選ばれた。

サムソン電子、上半期中にQD-OLEDテレビで韓国市場進出

サムスン電子が上半期に韓国にQD-OLEDテレビを発売するものと展望される。2013年以来10年ぶりの韓国内のOLEDテレビ市場への再参入となる。

2022年に発売されたOLEDスマートフォンのモデル234個のうち、中国が202個で86.3%占有率を占める

2022年に発売された234個のOLEDスマートフォンのうち、中国で発売された製品は202個で86.3%のシェアを占めた。 一方、韓国は2020年に39個、2021年に20個を発売したのに続き、2022年には11個の製品だけを発売し、4.7%のシェアを占めた。 現在、韓国でスマートフォンを発売する業者はサムスン電子が唯一だ。 韓国の次には米国が8社、台湾が6社で後に続いた。

モバイル機器用OLED部品素材市場、年平均4.6%成長率で2027年に167.3億ドルの見通し

モバイル機器用OLEDを構成する基板とTFT、encapsulation、タッチセンサー、adhesive、カバーウィンドウなどの主要部品素材19種を展望したUBIリサーチの「4Q22 AMOLED Materials and Components Market Track」によると、2023年モバイル機器用の部品素材市場は139.1億ドル規模で形成すると見込まれ、年平均4.6%成長率で2027年には167.3億ドルになるものと予想される。

10インチ以上の中大型OLED出荷量、2027年までに6,950万台に拡大

UBIリサーチが10インチ以上OLEDの実績と展望を総合した「4Q22 Medium & Large OLED Display Market Track」によると、2027年中大型OLEDは2022年2610万台から2027年6950万台に拡大すると予想される。