投稿

フルスクリーンの実現に向かう変化、どこまで進んでいるのか

2017年Appleがさらに広いフルスクリーンを実現するために、ノッチ(切り欠き)デザインのOLEDを採用したiPhoneXを発売して以来、HuaweiとVivo、Oppoなど、多くのスマートフォンメーカーが同じデザインのスマートフォンを次々と発売した。

 

2017年から今まで公開されたノッチデザインのOLEDスマートフォンは、全36種でOLEDスマートフォン全体の10%を占めているとみられる。

スマートフォンメーカーがノッチデザインのディスプレイを採用したのは、サイズの制限があるにも関わらず、消費者に大画面を提供するためだと考えられる。

しかし、カメラと前面スピーカーがあるため、ノッチデザインはスマートフォン全体に占めるディスプレイの割合を示すDA(Display Area)を拡大することに制約があり、スマートフォンメーカーは、カメラをポップアップ型に搭載する方式を採用している。

先日12日、VivoはDAが91.2%のスマートフォン‘NEX’を公開した。Vivo NEXはポップアップカメラを内蔵、ディスプレイ自体がスピーカーと指紋認証センサーとなり、ベゼルを最小化することでフルスクリーンを実現した。

Oppoは19日(現地時間)、フランス・パリで、‘Find X’を公開した。フルスクリーンを実現するために、Oppo Find XにもVivo NEXと同様に前面カメラをポップアップ型に採用し、3D顔認証センサーを備えた。Oppo Find XのDAは93.8%で、Vivoと比べて約2.7%大きい。これは、2017年にDAが最も大きかったSamsung ElectronicsのGalaxy S8+より約10%、次のiPhone Xより11%程大きくなったと言える。

<Vivo NEXとOppo Find X、参考:netmag.pk、GSMArena>

ノッチデザインのスマートフォンが発売された、2017年第4四半期から2018年第2四半期までのデザインや形別に平均DAを分析してみると、従来のスマートフォン(ノッチデザインを除く)に比べてノッチデザインのDAは約9%、ポップアップ型カメラのDAは17%で、大きくなったことが分かる。前面カメラをポップアップ型に転換することで、90%以上のDAを実現することができたのである。

このように、スマートフォンメーカーは、フルスクリーンの実現に向けて様々な変化に取り組んでいる。どのような方法で、ベゼルを最小化し、DAを拡大したスマートフォンを発売することができるかに注目が集まる。

間もなく発売されるOLEDスマートフォンのディスプレイサイズ、さらなる拡大へ

最近のスマートフォン市場には、ホームボタンを無くし、大型のフルスクリーンOLEDを採用したスマートフォンが多く発売されている。

関連業界によると、今年の8月に発売予定のSamsung ElectronicsのGalaxy Note 9には、6.4型級のOLEDが採用される見込みだ。Galaxy Noteシリーズ初のホームボタンを無くしたモデルとなるGalaxy Note 8に比べ、0.1型大きい。

また、Appleも下半期に発売するiPhoneシリーズに、6.5型級のOLEDを採用したスマートフォンを発売すると見込まれる。2015年にiPhone 6+を発売してから、ディスプレイサイズを拡大し続けてきたAppleは、今年の下半期にiPhone Plusモデルに6.5型級のOLEDを採用するという。

他にも、Huaweiが下半期に発売予定のMate 20に、6.9型OLEDを採用するそうだ。中国市場での主導権を確保するために、ディスプレイサイズが大きいスマートフォンを好む中国消費者を狙った戦略だという分析が多い。

OLEDスマートフォンの平均ディスプレイサイズは、2016年に5.45型、2017年に5.58型で、5.5型程度に留まっているが、2018年には5.8型以上のOLEDスマートフォン多く発売され、平均サイズは5.98型に拡大した。

先に記したOLEDスマートフォン以外にも、Samsung ElectronicsのGalaxy A6 Star、XiaomiのMi 8 Explorer、AsusのAsus ROG Phoneなど、6型以上のOLED搭載スマートフォンが間もなく多く発売される予定だ。

最近、スマートフォンでコンテンツを利用する人が増え、スマートフォン市場が拡大する中、ディスプレイサイズで差別化を図るセットメーカーの戦略によって、OLEDスマートフォンの平均サイズは、6.0型以上に拡大すると予想される。

2018年第1四半期に発売されたOLEDスマートフォンの平均D.A、80%を突破

2018年第1四半期に発売されたOLEDスマートフォンを分析した結果、OLEDスマートフォンディスプレイの平均サイズ、またスマートフォンサイズに対するディスプレイサイズを表すD.A(Display Area)が大きく増加している。

2018年第1四半期に行った調査によると、OLEDスマートフォンは製造メーカー5社から全13種が発売されたという。Samsung Electronicsが5種で最も多く、次いでVivoが3種、Oppoが2種、Elephoneが2種、Huaweiが1種のOLEDスマートフォンを発売した。

13種のうち、ホームボタンを無くしたフルスクリーンOLEDスマートフォンが12種、ノッチデザインを採用したスマートフォンが4種である。制限されたスマートフォンのサイズから最大の画面を実現するために、2017年下半期よりフルスクリーンOLEDを本格的に採用し始め、2018年第1四半期に多数のスマートフォンを発売したのだ。

<2018年第1四半期に発売されたOLEDスマートフォン>

フレキシブルOLEDスマートフォンの発売に伴い、ディスプレイの平均サイズとD.Aも大きく増加した。

2018年第1四半期に発売されたOLEDスマートフォンディスプレイの平均サイズは6.01型となった。この結果は2017年比7.7%、2016年比6.7%増加したサイズである。また81.6%のD.A(Display Area)は、2016年比71.6%、2017年比74.1%増加したものである。

<ディスプレイサイズとD.Aの年度別変化>

一方、2018年に発売されたOLEDスマートフォンディスプレイの平均ppiは422.9で、2016年に比べて5.9%増加したものの、2017年の平均ppiである422.2とほぼ同じ解像度となった。これは、2017年からQHD級以上の高解像度OLEDスマートフォンが多く発売されたため、と分析される。

フルスクリーンOLEDスマートフォン、スマートフォンの新しいトレンドになる

最近スマートフォンの仕様とデザインが上向き傾向にあるとともに、スマートフォンメーカーはディスプレイを用いた差別化戦略を行っている。特にOLEDを採用することで、制限されたスマートフォンサイズで画面の最大化を実現したフルスクリーンOLEDスマートフォンはスマートフォン市場において、新しいトレンドとして位置付けている。

 

Samsung Electronicsは2017年上半期にOLEDを採用し、ホームボタンを無くしたフルスクリーン型Galaxy S8とGalaxy S+を発売した。以降2017年下半期に入ってからAppleとLG Electronics、中国スマートフォンセットメーカーによるOLED採用のフルスクリーン型スマートフォンの発売が相次ぐなど、2017年には本格的にフルスクリーンOLEDの発売が開始された。

<2017年に発売された主要フルスクリーンOLEDスマートフォン>

2017年にOLEDを採用したフルスクリーンスマートフォンは合計15機種で、四半期別にみると第1四半期に2機種、第3四半期に4機種、第4四半期に9機種が発売された。第3四半期まではSamsung Electronics、Apple、LG Electronicsから、第4四半期にはHuawei、Gionee、Vivoなどの中国スマートメーカーからフルスクリーンOLEDスマートフォンが発売された。

<2017年における四半期別フルスクリーンOLEDスマートフォンの発売機種数>

2018年には2017年より多くのフルスクリーンOLEDスマートフォンが発売されると見込まれている。2018年1月にはSamsung ElectronicsのGalaxy A8を含めた3機種のフルスクリーンOLEDスマートフォンが発売され、2月にも少なくとも2機種以上のフルスクリーンOLEDスマートフォンが発売される見込みだ。

 

UBI Researchは2017年12月に発刊した『 2017 フレキシブルOLEDアニュアルレポート(2017 Flexible OLED Annual Report)』で、フルスクリーン型フレキシブルOLEDは2022年までフレキシブルOLED市場全体の平均79%を占め、先頭に立つと予想するなど、スマートフォンにおける新しいトレンドとして浮上したフルスクリーンOLEDスマートフォンの増加傾向に注目が集まる。

CES 2018、中・低価格帯スマートフォンのガチンコ対決に向けた前哨戦となる

Samsung ElectronicsとLG ElectronicsがCES 2018で、注力スマートフォンではない中・低価格帯スマートフォンを公開することが知られている。

Samsung ElectronicsはCES 2018で5.6型Galaxy A8と6型Galaxy A8 Plusを披露する。Galaxy A8(2018)シリーズはベゼルがほとんどないGalaxy S8のデザインと同様に18:9比率(アスペクト比)のフルスクリーンOLEDを採用するという。

<Samsung ElectronicsのGalaxy A8、参考:news.samsung.com>

LG ElectronicsはK3、K4、K8、K10のKシリーズ4機種を披露する。その中でK10は5.3型FHD LCDを採用し、韓国ではXシリーズという名前で1月末に発売開始する予定と知られている。

 

しかし、今回Samsung ElectronicsとLG Electronicsの中・低価格帯スマートフォンの公開について、北米スマートフォン市場への進出を宣言したHuaweiを牽制するための動きという観点もある。

 

Huaweiは最近AT&Tと提携し、2018年2月から米国でMate 10シリーズの販売を予定している。Mate 10は5.9型IPS LCDを採用、Mate 10 PROは6型OLEDを採用した製品である。Huaweiは今年Appleを追い抜き、世界第2位のスマートフォンメーカーとして位置付けるために北米市場へ積極的に進出すると宣言したことがある。

 

Samsung ElectronicsとLG Electronicsが注力スマートフォン以外の中・低価格帯スマートフォンの仕様をプレミアムレベルにアップし、注力スマートフォンの新製品が発売されるまでスマートフォン市場を牽引し続け、Huaweiを始めとする他メーカーを牽制するためであると考えられる。

 

北米で発売されるHuawei Mate 10シリーズの価格と通信会社など、詳しいことはCES 2018で公開される予定だ。

<HuaweiのMate 10 Pro、参考:GSMArena.com>

Huawei社、7月中にVR機器発売…中国VR市場は今年、約1兆ウォン

出典= Huawei

出典= Huawei

中国のスマートフォンのトップメーカーHuaweiが、今月中旬にバーチャルリアリティ(VR)機器を発売する予定であると、最近中国メディアが報道した。これによって中国VR市場の成長に加速がつくものと期待される。

Huawei社が7月に発売するVR機器は、360度画面を提供し、画像の遅延率が低い。また、モバイルメッセンジャーウィジェットが設置されている。Huawei社は、このVR機器が自社のスマートフォンの販売に役立つものと期待している。

Huawei社は、これとともにVR用コンテンツの開発を促進するため、開発プラットフォームおよびソフトウェア開発キット(SDK)も提供する。Huawei社は、独立したソフトウェア開発者がこれを通じてコンテンツを開発すれば、最初の一年間は売上高の100%を与えるという方針である。

Huawei社は、今回のVR機器発売はVR市場の反応をうかがうことに意義があると説明した。この市場が成熟するためには2〜3年はかかるであろうというのがHuawei社の判断である。Huawei社は、VRビジネスのために400人のエンジニアを投入してリサーチチームを設けた。

一方、最近の中国の主要VRメーカーであるDeepoonも、AMOLEDを搭載したVR新製品「M2」の販売を開始した。シャオミも最近VR機器の新製品の写真がインターネットに流出してしまい、話題になったことがある。

このように、中国VR市場が急速に拡大している兆しがある。実際に中国の市場調査会社であるアイリサーチによると、昨年、中国VR市場の規模は15億4000万元で、今年は56億6000万元(約9714億ウォン)を記録すると予測している。

[CES Asis 2016] Huawei to Release 1.2“ AMOLED Smartwatch for Women… EDO Panel Applied

Huawei booth

Huawei booth

 

Shanghai = Hyunjoo Kang / jjoo@olednet.com

Huawei is expected to release 1.2 inch AMOLED panel equipped smartwatch for women in September if early.

In CES Asia 2016 (11-13 May) held in Shanghai, China, Everdisplay (EDO) revealed that the 1.2 inch AMOLED panel product will be released in July, and Huawei will launch smartwatch for women equipped with this panel in September.

Previously Huawei released smartwatch for men equipped with EDO’s 1.4 inch AMOLED.

EDO, whose main focus is on AMOLED panel for mobile device, showed new AMOLED panels through this exhibition. EDO explained that of AMOLED panels for smartphone, 1.2 inch, 1.41 inch, and 1.4 inch panels are not yet released, and that 1.2 inch panel will be launched in July and 1.4 inch in 2017.

During this event, EDO also revealed 6 inch AMOLED panel to be mass produced in future and beta version of VR device equipped with their own AMOLED.

CES Asia 2016’s participants greatly increased compared to last year, and 375 companies from 23 countries are taking part. Major companies such as Intel, Twitter, and BMW discuss wearable, VR, driverless cars, future of TV, etc. though conference.

[CES 2016] OLED Smartphone Territory Slowly Expands

OLED panel, mostly used for Samsung Electronics, is expanding its market and slowly entering China. In CES and IFA until now, Samsung Electronics and LG Electronics only exhibited OLED panel equipped smartphone. However, this time, China’s dark horse Huawei exhibited Samsung Display’s OLED onto new smartphone model Nexus 6P.

 

화웨이1

화웨이2

 

The panel used is 5.7 inch 518 ppi FHD OLED.

 

According to Huawei, although until now LCD has been used as OLED can produce profound black it is estimated OLED will be highly popular in Chinese market.

 

Huawei is already using OLED on smartwatch. Huawei Watch Active that began to be exhibited starting with CES 2015 uses 1.4 inch 286 ppi OLED panel with 400 x 400 resolution supplied by AUO. The thickness of the watch is 4.2 mm and rather thick, but the external design is highly detailed and beautiful much like luxury analog watch.

 

화웨이3

 

As Huawei, which has the highest market share out of Chinese set companies, started to actively push for OLED panel use in smartphone following smartwatch, other Chinese companies, including Xiaomi, are expected to rapidly join the OLED sector.

[MWC2015] Smart Watch Market, Struggle Expected in Google OS Sector

In MWC2015, various companies, including Samsung Electronics, LG Electronics, Huawei, and Asus, exhibited smart watch. Since 2014, Samsung Elec. and LG Elec. began to sell smart watch, Asus and Huawei are shipping smart watch equipped with rigid AMOLED panel. Apple, a latecomer but also strongest rival, is planning to actively sell smart watch, with LG Display’s plastic OLED, from April.

From the outside, all 5 companies have smart watch with AMOLED, but other than Apple which uses iOS, and Samsung Elec. that uses Tizen, the insides of the other 3 companies are the same. This is because they use Google OS. Hence the software of these 3 companies’ products are similar, and without the smart watch exterior the functions are almost identical. The only differentiations are due to smart watch design. Huawei’s smart watch face design is similar to LG Elec.’s, and the back design practically cannot be distinguished from LG Elec.’s products. 150305_[MWC2015] smart watch 시장, 구글 OS 진영 혼전 예상1150305_[MWC2015] smart watch 시장, 구글 OS 진영 혼전 예상

<LG Elec. Smart Watch (left), Huawei Smart Watch (right)>

150305_[MWC2015] smart watch 시장, 구글 OS 진영 혼전 예상2 150305_[MWC2015] smart watch 시장, 구글 OS 진영 혼전 예상3

 <LG Elec. Battery Charger (left), Huawei Battery Charger (right)>

In MWC2015, Google sector showed how difficult it would be for any company to conquer the market.

[MWC2015] Smart Watch Trend, LG Electronics is On It

The rapidly rising product to become the key item for IoT industry is a wearable device, smart watch. Various companies are already producing numerous products for the smart watch market. Beginning with smart band, the majority of smart watches had square face, but since LG Electronics joined this market, the trend started to change into a classic watch design.

In 2014, LG Elec. revealed G Watch in various events and became involved in its sales. Following the existing watch, they employed high-end sports watch design. While many experts estimated smart device with differentiated design from existing watches would become popular, the actual market responded to a round faced watch design, more familiar to the public after more than 100 years of use.

Subsequent to G Watch, LG Elec. revealed LG Watch Urbane in MWC2015. Compared to G Watch, Urbane arrived with higher class appearance.

Chinese set company Huawei introduced a smart watch with round shaped AMOLED in MWC2015, reacting to the success of G Watch. Samsung Elec. is also expected to release circular faced device for the next smart watch.

150303_[MWC2015]Smart Watch Trend, LG Electronics is On It<Urbane, LG Electronics>


150303_[MWC2015]Smart Watch Trend, LG Electronics is On It1<Huawei watch, Huawei>